本文へ移動
宇部護国神社
Ube gokokujinja
宇部護国神社(旧称:維新招魂社)は、幕末、元宇部領主第二十四代福原家当主福原越後元僴公が幕府との戦い「禁門の変」の敗退により、幕府より第一次長州征伐(征討)が下命され、第一次長州征伐回避、藩存続のために責任を負わされ、元治元年十一月十二日岩国の龍護寺に於いて自刃された。翌年慶応元年五月十六日幕府との戦いに於いて犠牲となられた越後公の招魂祭を初めて藩の許可を得て琴崎神社で斎行し合祀されたのが創始であり、慶応二年(1866年)11月19日に崩し山、現在の維新山に社殿を建立落成し、翌慶応三年(1867年)12月5日琴崎神社より越後公の霊魂をご遷座し現在に至ります。藩の許可を得て招魂祭を斎行した歴史の延長線上に東京招魂社(現、靖国神社)が建立されたことから、維新招魂社、現在の宇部護国神社が靖国神社の源流と言われる所以である。(「靖国の源流」、堀雅昭著より)
【閑話休題】なぜ「願い成就」のご利益を有するのか
宇部護国神社、なぜ「願い成就」のご利益があるのか、なぜ「願い成就」の神社と言われるのか所以をお話し致します。
 日本には神社が八万社あると言われます。多くの神社が長い歴史を有し、それぞれ由来がありその由来に即したそれぞれのご神徳、ご神威を有しておられます。宇部護国神社は、幕末の創始創建で比較的新しい神社です。宇部護国神社は創建当時「維新招魂社」と言われ、主祭神は幕末長州藩(現在山口県)の三家老の一人、永代家老福原越後公です。当時宇部領の第二十四代領主でもありました。
維新と言えば明治維新が思い浮かぶと思いますが、明治維新の契機となったのは幕末、京都御所周辺で長州藩と幕府方が戦った「禁門の変」です。長州藩は敗退したのですが、幕府は、怒かって長州征伐を(長州征討とも言いますが)諸藩に命じたのです。これが第一次長州征伐と言われるものですが、この第一次長州征伐回避のために藩主の命令を受けて出兵した三家老に責任を負わせ三家老を切腹させ首を幕府に差し出し第一次長州征伐を回避し長州藩は存続することとなったのです。
 その報を聞いた高杉晋作が、三家老が切腹された約一か月後、九州の潜伏先から帰藩し下関功山寺で挙兵し、倒幕へと進み維新が成就されたのです。高杉晋作が居なければ倒幕もなく、維新もなかったと、私的には思います。しかし、高杉晋作の出番となったのは、第一次長州征伐が三家老の切腹により回避され長州藩が存続したからです。常陸国水戸藩、肥前国平戸藩等も維新の思想は有りましたが、維新の契機となる行動に移したのは長州藩です。多くの秀才志士たちが犠牲となりました。維新の契機は色々論じるところですが、私的には「禁門の変」が最大の契機であり、その後、第二次長州征伐から始まった一連の内訌を経て新政府が樹立したまでを明治維新と考えています。
福原越後公は維新推進派で、藩に於いて西洋の技術を取り入れた練兵場や、学校を「維新館」と改称したりして維新を推進されたのです。
「維新」は「革命」とは異なり、「革命」が全てを変えるのに対し、「維新」とは変えてはいけないものを守り、変えてもいいものはどんどん変えていく変革なのです。人間の体で例えると、骨格をしっかり維持し、ぶよぶよした脂肪やぜい肉(旧弊)をと取って(一洗し)、キン肉マンのような体に変える。これが「維新」です。ですから、明治維新が起こったことは福原越後公の願いが成就されたと言えます。切腹させられたことは許せないが、幕府が崩壊し明治維新が起こり新政府が誕生し日本が近代国家への一歩を踏み出したことをきっと喜んでおられたと思います。これが宇部護国神社が願い成就、心願成就の御利益を有する所以です。

お守りの既成概念を破壊した革命的お守り。ポケ守『君へ届け守』

ポケ守『君へ届け守』癒しの贈り物ソング付

癒しの贈り物ソング

神社を愛する若者が作った楽しいアプリで宇部護国神社を知ろう!

金家来ARフォトアプリ紹介

お知らせ
Information
ご祈願内容
Prayer
イベントのご案内
Event
人形供養
Memorial service
亡き人の思い出多き品々を 
供養してこそ心安らぐ
宇部護国神社では人形供養・遺品供養祭を行っております。供養祭に参加される方はお電話で確認の上お越しください。
0836-21-4543
毎月第4土曜日15時から
※宮司の都合で変更することがあります。
金家来神社について
Kanayago
宇部護国神社の末社として建立しました金家来神社は、祭神「金屋子神」の御分霊を頂き、平成30年2月11日当地に御遷座致しました。
「金屋子神」は、日本の「たたら製鉄」の生みの親であり、金を生み出す神様(金運)、また、生活を守る神、魔除け、五殻農穣、産業発展の神として崇敬されています。
お問い合わせ
Contact us
〒755-0086 山口県大字中宇部1631
Tel.
0836-21-4543 / Fax.0836-21-4548
TOPへ戻る